歯科衛生士求人

育成システム キャリア設計 1日のスケジュール 募集要項


歯科衛生士(新卒・既卒)、募集中!!

成長できる職場で、一緒に働きませんか?

「勤めた医院が歯周治療や予防処置に積極的でなかった。」
「アシスト業務中心で衛生士業務をさせてもらえない。」
「院長とスタッフ、スタッフ同士の仲が悪く雰囲気がよくない。」


毎年、全国で多くの歯科衛生士さんが誕生していますが、同時に短期間で退職される方も多くいます。

一生懸命勉強して理想を抱いて歯科衛生士になったにもかかわらず、職場選びに失敗したせいで自己成長できなかったり、辛い思いをすることは残念なことです。


あなたは、

どんな歯科医院で働きたい、と思っていますか?

どんな歯科衛生士になりたい!と思っていますか?


多くの方が、勤便利、給料が高い、という理由だけで職場を決めています。

しかし、それだけでは仕事は長続きしません。


日々の仕事にやりがいと喜びを感じ、歯科衛生士として自己成長できるかどうかは、どんな医院を選ぶかで大きく左右されます。

就職した医院によって、今後の科衛生士という人生にやりがいを感じるかどうかは決まってしまう!と言っても過言ではありません。


えがしら歯科では、院長がJIADS(ジアズ)というスタディークラブに所属し、歯周治療を積極的に行い、歯を残す治療を推進しています。

そして、治療後も歯を長く持たすためには予防処置が不可欠との想いからメインテンスを重視しています。


また、院長はアメリカのインプラント学会の認定医です。

「噛む」そして、「噛める」ことの大切さから、入れ歯よりインプラントをお勧めすることが多くありますが、インプラントを長く使用していただくためにも、歯周環境の管理(メインテンス)は不可欠と考えています。


適切に「噛める」ことで、みなさんに長く元気に過ごしていただきたい。そんな熱い想いから治療を行っている院長は、患者様やスタッフから暑い信頼を得ています。


そんなえがしら歯科の歯科衛生士達が「えがしら歯科に勤めてよかった!」と思う理由をきいてみました。


1. 歯周治療やホワイトニングに力をいれているので、スケーリング、SRP、ブラッシング指導などの経験を積むことができ、実力派歯科衛生士になることができる。

2.歯周治療において、歯周外科処置(歯周組織再生治療、FOP、APF、CTG、FGG)や歯周内科を行っており、院長が歯科衛生士と一緒に積極的に治療を行っているので、歯周治療において深く理解できる。

3.患者担当制なので、治療後の予後や経過を自分の目で確認でき、メインテナンスをしっかり行うことができる。

4.診療室とは別のフロアにメインテナンス専用ルームがあり、診療中の雑音を気にせず、ゆったりと落ち着いた雰囲気の中で集中して施術できる。

5.月1回の副院長主催の院内勉強会のほか、院長や先輩歯科衛生士が参加した技術セミナーのシェアをしてくれるので、様々な分野の最先端の情報や技術を得ることができる。

6.外部セミナーや学会、講演会などの参加に積極的で、費用を負担してもらえる。

7.先輩スタッフはみんな親切で、技術面だけでなく、プライベートなことなども気軽に相談することができる。

8.院長がたくさん褒めてくれる!自分のことをちゃんと見てくれているんだな、と嬉しくなります。

9.院内でDH・DA・受付など派閥などは全くなく、雰囲気の良い状態で日々の業務に集中することができる。

10.消毒・滅菌専門のスタッフがいるので、衛生士業務に集中できる。


就職した医院によって、あなたの今後の歯科衛生士という仕事にやりがいを感じることができるかは決まってしまう、と言っても過言ではありません。

あなたは歯科衛生士として、どんな歯科医院で、どんな人生を歩みたいですか?