院長からのメッセージ

えがしら歯科のスタッフ求人ホームページをご覧いただきありがとうございます。

医療法人 優伸会 えがしら歯科 院長の江頭伸行です。


私たちは、来院いただく患者様に、「生涯を見据えた、良質の治療」を提供したいと思っています。


「生涯を見据えた、良質の治療」とは、どのような治療でしょう?

高い技術の治療はもちろんですが、私たちにとっては、その患者様に本当に適した治療、その患者様が一生涯、健康に長生きできるための治療のことです。


あまり知られていませんが、「欠損ドミノ」というコンセプトがあります。

「欠損ドミノ」とは、*メタボリック・ドミノの歯科バージョンです。


欠損とは歯を失うこと。

1本歯を失うと、口腔内のバランスが崩れ、他の歯に負担がかかって、年数が経つとドミノが倒れるようにどんどん悪くなってしまいます。

小さな虫歯で詰め物(CR充填)したが虫歯が再発し、インレーとなり、そのインレーも虫歯が再発し、抜髄してクラウンになり、やがて抜髄した歯は根尖病変や歯根破折などにより抜歯となってしまいます。

抜歯すると、保険診療の場合は、ブリッジや入れ歯を入れることになります。

ブリッジや入れ歯は、支台歯や鉤歯などに負担がかかり、その歯も傷んでやがて抜歯になり、更なる大きなブリッジや入れ歯を入れることになってしまいます。

年数を経て、それを繰り返すことにより、口腔内は多数歯の欠損状態や総入れ歯の状態になり、食べ物を適切に噛むことができなくなり、よく噛まずに飲み込むような食生活になります。

野菜など硬い食材は敬遠し、柔らかい食材を好むようになり栄養バランスが崩れて肥満につながります。

肥満は慢性疾患への入り口です。 

高血圧、高脂血症、高血糖につながり、その後、糖尿病の併発、さらに動脈硬化を伴い、ほかの臓器にも影響し、寿命を短くしてしまうと言うものです。

また、咀嚼がしっかりできないと認知症にもなり易いとデータが出ています。

*メタボリック・ドミノ…生活習慣病に端を発して、肥満に伴う内臓脂肪の蓄積とともに、高血圧、高脂血症、高血糖となりその後、糖尿病の併発、さらに動脈硬化を伴い多臓器への影響の結果、死に向かう、という疾病構造。


「欠損ドミノ」で説明されているように、「今痛い虫歯を、とりあえず治して噛めるようにすれば終了」という治療は、詳しい治療方針の説明もないので短時間で終わり、安価で、患者様は一時的に満足されるかもしれません。

しかし、プラークコントロールや噛み合わせなどの根本的な原因が改善されていないと、虫歯や歯周病は再発し続けるでしょう。


また、安い歯科材料で治療を行った場合の耐久性年数は短く、近い将来、また同じ症状を繰り返し、もっともっと悪い症状で来院されるでしょう。


えがしら歯科の医院理念は、「歯の健康を通じて、健康寿命を伸ばす」。

私たちは、患者様のお口の健康をお守りすることが、患者様の健康寿命を伸ばすことにつながると知っています。そのため、本当の意味で、患者様にとって良い治療を提供したいと思っています。最高の技術で、身体に優しく、長持ちする歯科材料で、お口の中だけでなく、身体全体が健康な状態で、過ごしていただきたいのです。


また、「歯がないから」、「入れ歯だから」、「歯が汚いから」、「銀歯が見えるから」と、思い切り笑うことができない方には、治療を通して、思い切り笑える口元になっていただきたい。

歯を失い、適切に噛めないことで、口元の筋肉が衰えてしまわないよう、適切に噛めるようになってもらいたい。


笑顔でいることで、若々しさも保つことができます。

そう、歯科治療はアンチエイジングにもつながるのです。

もちろん、「良質の治療」を提供するには、えがしら歯科が力を入れているカウンセリングにて、適切に情報をお伝えすることが不可欠です。

残念ながら、ここでご説明していることは、日本人のほとんどがまだ知らない事なのです。


「歯科治療は時間がかかる」「痛い」「高い治療を勧められる」「何度も行かないといけない」と歯医者に不満を感じる患者様も中にはいらっしゃいます。

しかし、私たちには、「丁寧にご説明し、ご理解いただいた上で、最良の治療を提供したい」、「本当に身体に優しく、長持ちする詰め物やかぶせ物をお勧めしたい」という想いがあります。

私たちは、生涯を見据えた、良質の治療を提供することで、皆様に最高の人生を送っていただきたいと考えています。


この考えに共感いただける方と、ぜひ一緒にお仕事ができればと思っています。


医療法人 優伸会 えがしら歯科 院長 江頭 伸行