働く環境

「ここで働けて良かった!」と、そう思ってもらいたい!

えがしら歯科では、コミュニケーションを大切にしています。

就職時にみなさんが一番気にされるのが、医院の雰囲気(人間関係)や働きやすさ(勤務j間)ではないでしょうか。

院長とスタッフの関係性が悪かったり、スタッフ間で派閥があったり、というのは、歯科医院ではよくある話です。

また、頑張りたい、スキルアップしたいと思って志を高く入社しても、先輩スタッフがやる気がないので、結局それに甘んじてダラダラと毎日を過ごすようになってしまった、というケースも耳にします。

えがしら歯科の自慢の1つが、人間関係が良好なこと。スタッフ同士、また院長とスタッフも仲が良く、働きやすい環境になっています。

働きやすい医院づくりのために、えがしら歯科が力を入れていることを紹介します。


新人スタッフを支える「ペア制度」

えがしら歯科では、新人スタッフが入社すると、マンツーマンでの先輩スタッフが教育を担当する制度があります。(指導内容により、2人以上が担当することもあります)

技術面の指導はもちろんのこと、医院のルールやマナーなどもペアの先輩が担当します。

指導してもらうだけでなく、医院の先輩として、また同じ職種の先輩として、気軽に不安を相談できるのもメリットです。「誰に聞いたらいいかわからない」「こんなつまらないこと聞きにくい」「同じことを聞きにくい」といった心配も不要です。


定期的な面談の実施

えがしら歯科では、定期的に面談を行っています。

ペアの先輩スタッフとの面談のほか、幹部スタッフとの面談、評価制度の面談もあり、都度、業務上の悩みを相談したり、課題を確認したり、目標の設定をする機会になっています。

悩みごと、不安の相談は、いつでも先輩スタッフや幹部スタッフにできるような環境はありますが、先輩スタッフとランチをしながらの面談は、よりリラックスでき、話も弾むようです。


情報共有

えがしら歯科では、朝礼・昼礼・カンファレンス・全体ミーティングなどの情報共有の機会があります。

診療の振り返りや患者様についての情報、連絡事項、報告書、院長やスタッフが受講したセミナーの内容など、共有される情報は多岐に渡ります。

こういった情報共有は、診療の質やスタッフ一人一人の知識のレベルアップにもつながるので、大切にしています。


残業ゼロを目指して!

えがしら歯科では、「残業ゼロ!」を目指して、清掃・滅菌専門のクリーンスタッフを配置するなどしています。全員で仕事とプライベートのメリハリをつける為にも診療後の帰宅を10分以内の帰宅を目指しています。スタッフみんなで取り組んでいます。


休日が多く、土曜日は6時あがり

年間休日127日(2017年度)。週休2日制(日曜日+1日)で、祝日もお休みなので、プライベートも充実させることができます。

診療は夕方6時までなので、勤務後の時間も楽しむことができます。


イベントや食事会

診療をスムーズに行うには、チームワークが大切です。

えがしら歯科では、新年会や納涼会、歓迎会などを積極的に行い、コミュニケーションを深める場を設けています。

こういった食事会は、家族参加もOKなので、子供たちも多く参加します。

お互いを知ることで、チームワークが深まり、また、仕事の楽しみも増していきます。

医院主催のイベント以外にも、スタッフ同士で食事に行ったり、ラフティングに行ったりと、アクティブなスタッフが多く、仕事もプライベートも共に楽しんでいます。